<< めかい篠竹竹細工技能保存会 篠竹の初採集 | main | 縄文石器 器のかけら >>
2019.11.05 Tuesday

コットンプロジェクト (3) 収穫のタイミングの学習

0

    JUGEMテーマ:農作業・家庭菜園

    La Manoのコットンプロジェクトに参加して育て始めた綿花は花が終わり、花の跡にピンポン玉くらい大きさの実が沢山なりました。先週、柿園の綿花畑(9株だけですが)を見にいくと、数個の実が割れ小さいコットンボールが現れていました。まだ固そうです。もっとふんわりと拡がるものと思っていたので、収穫は早いと判断。昨日の共同作業の後、綿花畑を覗くと先週見つけたコットンボールはどっかに行ってしまい、別の木に新しいコットンボールがありました。しかしそのコットンボールはまだ少し小さい感じがして、これも収穫しませんでした。

    今日、三連休の最終日、収穫のタイミングを教わろうとLa Manoに出かけると作業所は閉まっていて誰もいません。どうも嫌な予感がしたので、家に戻ってネットでコットンの収穫のタイミングを調べると「ボールが割れてから2日目程度での収穫で、それを過ぎると固くなり茶色くなってしまう。」とあります。先週見つけたコットンボールはすでに収穫のタイミングを逃し、固くなっていたもののようです。そしてどこかに飛んで行ってしまったようです。

    急いで綿花畑に出かけました。昨日より数個コットンボールの数が増えています。割れたばかりのボールは残して、それ以外のものを収穫しました。真っ白でふかふか。この感触すごくいい感じです

     

                             (左: 収穫したコットンボール、 右: 先週写真に撮った綿花の木に現れたコットンボール)

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM