<< 名誉の負傷 | main | Starting over (2) 自衛隊がまたやってきた >>
2019.09.25 Wednesday

銀杏林の惨状

0

    病院から翌朝退院するものの「汗をかくようなことはしていけない」との注意事項があり、実家敷地内の被害状況をゆっくり歩いて把握することにします。まずは東端の銀杏林を観察すると、根ごとの倒木2本、幹から倒れたもの12本、何とか枝が残っているもの6本。まともなものは一本もありません。特に幹の直径が80cmを超える銀杏の巨木が根こそぎ倒されている光景は想像を超えるものです。この横倒しの巨木をどう処分するか、腐るのを待つというアイデアは100年は時間がかかるとのことで却下。下敷きのキッチンガーデンを早急に救出するために怪我無く実施出来る対策を立案しましょう

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM