<< 夏野菜尽くし | main | 都電町屋駅 >>
2018.07.03 Tuesday

竹細工 天日干し用竹ザル作り(3) 底編みの立ち上げ

0

    梅雨が突然明けてしまい、梅干しの天日干しも待った無しになってしまいました。今日は竹細工講習会日。竹細工の先生から底編み部分から側面を直角に立ち上げていくやり方を教わります。先生が取り出した道具は半田ごての先をエンピツ状のものから猫の後ろ足のような形をした太い銅線に替えたもので、銅線の直線部分を濡らしたタオルを挟んで竹ヒゴの曲げたいところに押し当て、徐々にヒゴを直角に曲げて行きます。曲げたところで水を浸した別のタオルを当てるとヒゴは曲がった状態に落ち着きます。この道具、優れものなのですが、どうも先生はこれを使わず、家庭用のアイロンを使うようです。理由は猫足半田ごては発熱部が大きく露出しているためにうっかり触って火傷をするとのことでした。「そんなドジはしない」と、猫足半田ごてを使わせてもらったのですが、すぐそのドジをしてしまい、この作業、途中で断念するハメになりました。梅干し干しの竹かご、何とか別の手段で調達しましょう

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM