<< きらぼし銀行 | main | ラズベリーの移植 >>
2018.05.04 Friday

文箱欅版その2作り(2) 大失敗

0

    JUGEMテーマ:木工

    木工舎で製作中の文箱欅版ver.2は、前回手カンナを使っての箱と蓋の部材の面出しまで終わりました。今日は箱と蓋の側板を四角に組むために、側板端部を45度に加工します。この加工はスライド丸ノコの刃を45度に傾けて側板端部をカットするだけなのでそれほど難しい作業ではありません。何度も試し切りをして刃の傾きを正確に45度にセットしてから、箱部の側板4枚の両端部をカットし、底板を側板に掘った溝に差し込むと完璧に箱の部分が組み上がりました。気をよくして次に蓋部の側板の加工に入ろうとしたら側板が一枚見当たりません。間違って先ほどの試し切りに一枚使ってしまっていました。もう余分の柾目の欅板はないので、文箱作りはここで頓挫。欅材を再度調達するところから出直しになります。この大チョンボ、木工遊びの楽しみの一つと考えることにします

     

                                                     (手持ちの欅板材では蓋部の側板4枚を用意出来ず)

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM