2020.10.19 Monday

ニンニクとバターナッツ

1

昨日の雨が上がり順延となった農の会の共同作業に参加します。今日の作業は少し遅れ気味のニンニクの植え付けと葉物野菜の収穫とのことで、私はニンニクの植え付けをやらせてもらうことにしました。まずはニンニクの玉の皮を向いて鱗片に分ける作業を柿園のクラブハウスのミニテーブルで行います。それが終わると共同圃場で準備が進められている畝に植え付けします。隣りではKさんがバターナッツを並べて本日の出荷数を伝票に記入しています。白とクリーム色が秋の日差しに照らされて、気持ちの良い秋の菜園風景です

 

2020.10.05 Monday

落花生の収穫

0

    今日は農の会の看板商品の落花生(大まさり)の収穫です。農の会の落花生は横浜のガーデンレストランの固定客から強い支持を頂いており、掘り立てをお届けするために早朝からの収穫です。ところがこの落花生はハクビシンやらアライグマなどの小動物も大好物のようで、しっかりとしたネットを張っても、侵入されて食べられてしまった跡があり、また今年は天候不順も重なり、心配しながらの収穫となりました。が、結果は大豊作。つい収穫にも力が入り、密集・密接状態があちこちで発生してしまいます。しかし畑は超完全非密閉状態。このくらいの2密は大丈夫でしょう

     

                          (落花生の収穫。根元近くを持って引っこ抜くと地面の中から落花生の実が現れる)

    2020.09.28 Monday

    農の会の共同作業 冬野菜の除草と追肥、土寄せ

    0

      昨日の雨で順延となった農の会の共同作業に参加しました。

      共同圃場は冬野菜の畝でほぼ埋め尽くされています。植え付けして1ヶ月経ったブロッコリーやカリフラワーは順調に育ち、葉が防虫ネットに触るまでに大きくなりました。今日はそのブロッコリー・カリフラワーの畝の除草と追肥を行います。幅広の防虫ネットが有れば収穫時までネットを掛け続ける選択もありますが、幅広ネットの予備は無いので、ブロッコリーやカリフラワーの畝はこのタイミングでネットを外します。これから先は農薬散布によって青虫の食害を防いでいかなければなりません。野菜の世界も人の世界に劣らず大変です

       

      2020.09.20 Sunday

      秋の農作業を満喫

      0

        今日は農の会の共同作業日。気温も湿度も下がり、作業していても汗ばむことも無く、蚊に刺される心配も無さそうです。白菜やキャベツ、ブロッコリーなどの定番大型野菜の植え付けは終わり、今日は先週播種した大根、小松菜、水菜などの畝に防虫ネットを掛けることから作業が始まりました。それから先週準備した2畝にロメインレタスと玉ねぎを撒き、そして来週の共同作業での残りの葉物冬野菜の種まき用に3畝を作ることが計画されています。体を動かすことが気持ち良いためか、皆さん役割分担の決めが無いのにも関わらず、必要な作業を積極的に見つけて作業を進め、無駄が有りません。

        農作業満喫の一日になりそうです

         

        2020.09.06 Sunday

        進みの悪い冬野菜の種蒔き

        0

          午前中は農の会の共同作業に参加。ちょっと暑さは和らぎ、共同作業に続いで個人圃場での作業もやれるような気がしていましたが、共同作業を終えた頃には立ち眩みそして内耳の空気が抜けず鈍い音しか聞こえなくなり、多分これは熱中症の症状だろうと、自宅に引き揚げることにしました。

          夕方になると西日が雲に隠れるようになり、日暮れまでの時間で今日予定していた作業(個人管理圃場に残っているトマトときゅうり棚の撤去と畝立て、柿園傍のミニ圃場の畝立てと種蒔き)をやってしまおうと再度農の会の農場に出てきました。のですが、どうも周囲が暗く感じ、湿気が物凄く、汗が止まりません。とても棚の片付け作業は出来そうにないので、しゃがんで出来る柿園のミニ圃場3つの種蒔きだけでもやることにします。

          手持ちの種は、大根3種、ほうれん草、ロメインレタス、レタス、水菜、のらぼう菜、からし菜、春菊、聖護院かぶ、小蕪、ルッコラ、小松菜、ちんげん菜。このミニ畝3つにどれを蒔くか、進みの悪い冬物野菜の準備となっています

           

            (楽しい野菜栽培の雰囲気が全く無い薄暗い柿園のミニ圃場。播種した野菜は大根2種、ほうれん草、ロメインレタス)

          2020.08.31 Monday

          冬野菜の植え付け

          0

            昨日、共同購入した冬野菜の苗の半分(キャベツ/白菜/ブロッコリー/カリフラワーそれぞれ15本)を農の会の個人管理圃場に植え付けしました。白菜には藁で作った襟巻きを付けてマルチの接触を避けるようにし、防虫ネットを掛けて僅かながら遮光を図り、夕方には水遣りするなど、できるだけのことをしました。

            今日は残りの半分を持って実家に向かいますが、その前に気になる第一圃場の苗の様子見です。防虫ネットを恐る恐る外すと、苗は60本全員が昨日の猛暑を生き抜いてくれていました。ポリタンクに入れてきた水をたっぷりやって、これで今日の猛暑を生き抜いてくれるでしょう。

            軽トラに乗った残り半分の苗は、実家キッチンガーデンに向けて出発です

             

              (水を得て葉っぱがピンと広がったブロッコリー/カリフラワーの苗たち、右は水を撒き終えたキャベツ/白菜の畝)

            2020.08.30 Sunday

            最新のファーマーズウエア

            0

              今日は農の会の共同作業日。共同農場に冬野菜を植え付けします。共同作業が終わった後には各自個人圃場に冬野菜の植え付けを予定しているため、今日はほぼフルメンバーが農場に揃いました。

              前回の共同作業の参加は梅雨明け前でした。その時は、メンバーの装いはいたって軽装で、半袖の人も数名居ましたが、猛暑日の今日、私を除いて全員が長袖です。しかも厚手のレインコートのような上着を着ている人もいます。コートの両サイドには電池で動く小型のファンが付いていて、これでコート内に空気の移動を作り涼しく感じるのだそうです。畑の上でも時代の変化、乗り遅れないようにしないといけません

               

              2020.08.29 Saturday

              共同購入の冬野菜の苗

              0

                昨晩町田に戻り、今日明日で農の会の個人管理圃場に冬野菜の植え付け・播種を行う予定です。農の会の農機具置き場にはすでに白菜・キャベツ・ブロッコリー・カリフラワーの苗が置いてありました。苗をここまで運んで来てくれた農の会の役員さんに感謝です。明日それぞれ15本づつをこの第一農場(個人管理圃場)に定植します。苗残り半分は明後日アクアラインを渡り、実家キッチンガーデンに植え付ける予定です。私も強行軍、苗も強行軍、頑張り時です

                 

                                      (共同購入の冬野菜の苗たち。右: 白菜が普通の白菜とミニ白菜の2種類。苗では判別不可能)

                2020.07.30 Thursday

                栗園、枝豆の収穫

                0

                  野菜の高騰がメディアで叫ばれています。私の町田の農園でも長雨による被害が出ており、きゅうりは8月を待たずに全株枯れてしまい、トマトも思うような収穫が出来ません。そんな状況ながら種蒔き以降何もお世話すること無かった栗園の枝豆が立派に成長してくれました。例年であれば枝豆大好きのカメムシによる被害が発生するものですが、この長雨でカメムシも被害を被っているのかも知れません。

                  無農薬枝豆、大豊作です

                   

                  2020.07.08 Wednesday

                  ナス、ピーマンの補強

                  0

                    雨が降ったり止んだり、そして強い風が吹いたり止んだり。そんな中、小一時間くらいは小雨で済みそうな時間を見計らって農の会の第一農場(個人管理圃場)に、本来業務に戻った軽トラに乗ってやって来ました。一週間ぶりの第一では共同農場で発生した青枯病は見られず一安心です。先ずは順調に実をつけている夏野菜の収穫を行い、次いで今日のメイン作業のナス・ピーマンの木の補強にかかります。

                    ナスとピーマンは篠竹の支柱に結束してはあるのですが、毎日収穫には来れないので実をつけたままの枝は折れてしまいます。そこで畝の四隅に真竹の柱を立て、その間に更に3本立てて畝を囲い、その計8本にマイカー線を二段に巻いて、大きくなって倒れ易くなったナスとピーマンの枝や、三本仕立てに使った篠竹の支柱をマイカー線と麻紐で結束して補強します。

                    何とか大雨に降られる前にやっつけましょう

                     

                       (左:トマトの畝。足元に収穫したトマト。 中央: ナス・ピーマンの畝。傍に収穫した大根と小蕪が転がっている。)

                    2020.06.30 Tuesday

                    長ネギの定植と人参の畝の準備

                    0

                      野菜カレンダーというものがあって、野菜作りが大好きな人達には大抵そのカレンダーが頭に入っています。その皆さんのカレンダーの6月後半のところには「長ネギの植え付け」と「ニンジンの梅雨明け前の播種」が書かれているはずで、野菜作り万年初心者の私もこの2つの野菜の植え付け・播種が気になって仕方ありません。

                      長ネギの苗の育ちが悪く、例年に比べて10日遅れとなりましたが、ようやく農の会の個人管理圃場のきゅうり棚の並びの半畝分に長ネギを植え付けるところまで来ました。まずは鍬を使って深さ30cm程の溝を掘ります。長ネギの出来の良し悪しの評価ポイントは白い部分が長いこと(目標35cm以上)、それと曲がっていないことで、そのために溝は深く、そして苗は溝の壁に直角に置くことを目指します。苗は2.5cm間隔で壁に沿って直角に置いていきます。それが終わると溝に藁を敷いて苗が倒れたり横にずれたりしないようにします。

                      年々作付け量は減っていますが品質だけはこれからもこだわっていきたいと思いながら、最後に化成肥料を藁の上から撒き、無事長ネギの植え付けを終えました

                       

                              (手前:植え付けを終えた長ネギの溝畝、その右隣: 梅雨明け一週間前のタイミングを見計らっている人参畝)

                      2020.06.21 Sunday

                      ウコン、初対面。

                      0

                        JUGEMテーマ:農作業・家庭菜園

                        農の会の共同作業の日です。共同圃場の一角に新規商品検討のためにちょっと変わった野菜を播種・植付けしたところがあり、今日の作業はその変わり種圃場の草取りということになりました。とりわけ雑草に覆われた畝があります。ここの本来の家主はウコンで、すでに芽が出てそこそこの大きさになっているはずとのこと。ウコンと聞いて、名前は知っているもののどんな形をしているのか全く検討が付きません。雑草の山のそばにしゃがみ込み、見知った雑草から抜いていき、残ったものがウコンだろうと、普段とは一風変わった草取りを開始しました。しかし私の手の届く範囲では全て顔見知りの雑草だらけで、最後には一本も草が無くなりました

                         

                                                       (他のメンバーが草取りをしたところに数本残された植物。これがウコン)

                        2020.06.14 Sunday

                        町田薬師池公園 四季彩の杜、農の会初出荷

                        0

                          町田の新しい観光施設の町田薬師池公園 四季彩の杜に農の会が野菜を初出荷しました。みんなで納品の手順を覚えようということで私も出荷作業に参加です。初めて見る四季彩の杜は建物も内装もおしゃれなで、農作業着で入るのが憚れるような空間でした。ここで生き残って販売し続けるためには野菜の品格にこだわる必要がありそうで、そのためには農夫の品格から見直さないとダメかもしれません

                           

                          2020.05.31 Sunday

                          ピーマン3個、夏野菜初収穫

                          0

                            JUGEMテーマ:農作業・家庭菜園

                            先週参加出来なかった農の会の共同作業に参加します。畑はキヌサヤ、そら豆、玉ねぎ、ニンニクなどの収穫が例年より早く終わり、いよいよ夏野菜が主役の様相に変わってきました。

                            共同作業を終え、個人管理圃場を覗くと、きゅうり、トマト、ナス、ピーマン、ズッキーニ、唐辛子の夏野菜はアブラムシやウリハムシの被害も無く順調に成長しています。ピーマンの木6本には小さいながら実が付いています。そのうち3個を収穫。今年の夏野菜の収穫第一号となりました

                             

                            2020.05.26 Tuesday

                            アベノマスク持参の栗園の草取り

                            0

                              JUGEMテーマ:農作業・家庭菜園

                              アベノマスクが届きました。封を開けて掛けてみると確かにちょっと小さいのですが、2億5000万枚用意し全国に届けてくれた方々に感謝し、有り難く使わせて頂きます。早速使おうと思いましたが、特に外出する先も無く、ちょっと雑草が気になっていた農の会の栗園に出かけることにしました。

                              約二時間半の作業で私の里芋畑はすっかりきれいになりましたが、栗園には誰も現れず、アベノマスクにとっては空振りの役目のスタートとなってしまいました

                               

                                            (防虫ネットの向こう側に120株植え付けた里芋。成長にバラツキはあるが全株発芽を確認。)

                              Calendar
                                  123
                              45678910
                              11121314151617
                              18192021222324
                              25262728293031
                              << October 2020 >>
                              Selected Entries
                              Categories
                              Archives
                              Recent Comment
                              Links
                              Profile
                              Search this site.
                              Others
                              Mobile
                              qrcode
                              Powered by
                              30days Album
                              無料ブログ作成サービス JUGEM