2020.07.30 Thursday

栗園、枝豆の収穫

0

    野菜の高騰がメディアで叫ばれています。私の町田の農園でも長雨による被害が出ており、きゅうりは8月を待たずに全株枯れてしまい、トマトも思うような収穫が出来ません。そんな状況ながら種蒔き以降何もお世話すること無かった栗園の枝豆が立派に成長してくれました。例年であれば枝豆大好きのカメムシによる被害が発生するものですが、この長雨でカメムシも被害を被っているのかも知れません。

    無農薬枝豆、大豊作です

     

    2020.07.08 Wednesday

    ナス、ピーマンの補強

    0

      雨が降ったり止んだり、そして強い風が吹いたり止んだり。そんな中、小一時間くらいは小雨で済みそうな時間を見計らって農の会の第一農場(個人管理圃場)に、本来業務に戻った軽トラに乗ってやって来ました。一週間ぶりの第一では共同農場で発生した青枯病は見られず一安心です。先ずは順調に実をつけている夏野菜の収穫を行い、次いで今日のメイン作業のナス・ピーマンの木の補強にかかります。

      ナスとピーマンは篠竹の支柱に結束してはあるのですが、毎日収穫には来れないので実をつけたままの枝は折れてしまいます。そこで畝の四隅に真竹の柱を立て、その間に更に3本立てて畝を囲い、その計8本にマイカー線を二段に巻いて、大きくなって倒れ易くなったナスとピーマンの枝や、三本仕立てに使った篠竹の支柱をマイカー線と麻紐で結束して補強します。

      何とか大雨に降られる前にやっつけましょう

       

         (左:トマトの畝。足元に収穫したトマト。 中央: ナス・ピーマンの畝。傍に収穫した大根と小蕪が転がっている。)

      2020.06.30 Tuesday

      長ネギの定植と人参の畝の準備

      0

        野菜カレンダーというものがあって、野菜作りが大好きな人達には大抵そのカレンダーが頭に入っています。その皆さんのカレンダーの6月後半のところには「長ネギの植え付け」と「ニンジンの梅雨明け前の播種」が書かれているはずで、野菜作り万年初心者の私もこの2つの野菜の植え付け・播種が気になって仕方ありません。

        長ネギの苗の育ちが悪く、例年に比べて10日遅れとなりましたが、ようやく農の会の個人管理圃場のきゅうり棚の並びの半畝分に長ネギを植え付けるところまで来ました。まずは鍬を使って深さ30cm程の溝を掘ります。長ネギの出来の良し悪しの評価ポイントは白い部分が長いこと(目標35cm以上)、それと曲がっていないことで、そのために溝は深く、そして苗は溝の壁に直角に置くことを目指します。苗は2.5cm間隔で壁に沿って直角に置いていきます。それが終わると溝に藁を敷いて苗が倒れたり横にずれたりしないようにします。

        年々作付け量は減っていますが品質だけはこれからもこだわっていきたいと思いながら、最後に化成肥料を藁の上から撒き、無事長ネギの植え付けを終えました

         

                (手前:植え付けを終えた長ネギの溝畝、その右隣: 梅雨明け一週間前のタイミングを見計らっている人参畝)

        2020.06.21 Sunday

        ウコン、初対面。

        0

          JUGEMテーマ:農作業・家庭菜園

          農の会の共同作業の日です。共同圃場の一角に新規商品検討のためにちょっと変わった野菜を播種・植付けしたところがあり、今日の作業はその変わり種圃場の草取りということになりました。とりわけ雑草に覆われた畝があります。ここの本来の家主はウコンで、すでに芽が出てそこそこの大きさになっているはずとのこと。ウコンと聞いて、名前は知っているもののどんな形をしているのか全く検討が付きません。雑草の山のそばにしゃがみ込み、見知った雑草から抜いていき、残ったものがウコンだろうと、普段とは一風変わった草取りを開始しました。しかし私の手の届く範囲では全て顔見知りの雑草だらけで、最後には一本も草が無くなりました

           

                                         (他のメンバーが草取りをしたところに数本残された植物。これがウコン)

          2020.06.14 Sunday

          町田薬師池公園 四季彩の杜、農の会初出荷

          0

            町田の新しい観光施設の町田薬師池公園 四季彩の杜に農の会が野菜を初出荷しました。みんなで納品の手順を覚えようということで私も出荷作業に参加です。初めて見る四季彩の杜は建物も内装もおしゃれなで、農作業着で入るのが憚れるような空間でした。ここで生き残って販売し続けるためには野菜の品格にこだわる必要がありそうで、そのためには農夫の品格から見直さないとダメかもしれません

             

            2020.05.31 Sunday

            ピーマン3個、夏野菜初収穫

            0

              JUGEMテーマ:農作業・家庭菜園

              先週参加出来なかった農の会の共同作業に参加します。畑はキヌサヤ、そら豆、玉ねぎ、ニンニクなどの収穫が例年より早く終わり、いよいよ夏野菜が主役の様相に変わってきました。

              共同作業を終え、個人管理圃場を覗くと、きゅうり、トマト、ナス、ピーマン、ズッキーニ、唐辛子の夏野菜はアブラムシやウリハムシの被害も無く順調に成長しています。ピーマンの木6本には小さいながら実が付いています。そのうち3個を収穫。今年の夏野菜の収穫第一号となりました

               

              2020.05.26 Tuesday

              アベノマスク持参の栗園の草取り

              0

                JUGEMテーマ:農作業・家庭菜園

                アベノマスクが届きました。封を開けて掛けてみると確かにちょっと小さいのですが、2億5000万枚用意し全国に届けてくれた方々に感謝し、有り難く使わせて頂きます。早速使おうと思いましたが、特に外出する先も無く、ちょっと雑草が気になっていた農の会の栗園に出かけることにしました。

                約二時間半の作業で私の里芋畑はすっかりきれいになりましたが、栗園には誰も現れず、アベノマスクにとっては空振りの役目のスタートとなってしまいました

                 

                              (防虫ネットの向こう側に120株植え付けた里芋。成長にバラツキはあるが全株発芽を確認。)

                2020.05.11 Monday

                ズッキーニ、きゅうりの定植での骨休め

                0

                  昨日は午前中に果樹園の草刈り、お昼からは炭焼研究会の活動と肉体労働が続き、今日はちょっと疲れ気味の朝を迎えました。こんな時普段であれば横浜木遊びに出かけて木工談義で疲れを取るのですが、コロナ問題でそれも無し。仕方なく自宅のミニテラスで育てている苗を植え付ける軽作業で骨休めです。

                  自宅にはきゅうり、ズッキーニ、かぼちゃ、それに炭焼き仲間のSさんに分けてもらった鶴首かぼちゃのがあり、その中から、きゅうり7株とズッキーニ4株を軽トラに乗っけて第一農場に搬入。第一に設けたきゅうり棚にきゅうりネットを引っ掛けきゅうり7株を植えつけました。続いて隣りの柿園の隅に設けた超ミニ圃場の最後の空きスペースにズッキーニ4株を植え付け、これで今日の作業は終わり。

                  たまにはこんな日も必要な年になったということでしょう

                   

                                     (ズッキーニを定植した柿園。左からヤーコン、ズッキーニ、小蕪/ルッコラ、長ネギの苗床)

                  2020.05.10 Sunday

                  農の会果樹園の草刈り

                  0

                    農の会の果樹園から見下ろす萬松寺の伽藍と萬松寺谷戸、それにこの季節に観れる桐の花が加わった景観は私のお気に入りの景色の一つです。今日はここ果樹園の草刈り隊に加わりました。

                    刈り払い機はもっぱら右から左に振る時に草を刈り、振り終わりの所に刈り取った草を置いてくる感じで、今度は回転盤を左から右に振り戻し、そのタイミングで左右の足を半歩づつ進める動作を繰り返して草を刈っていきます。回転盤は「行き」に負荷が掛かり、「戻り」には負荷が減り、それに連動してエンジン音が変わります。この変化がリズムカルな時は草刈り自体がリズムカルになっている時で、回転盤が草や地面を噛んだりすると負荷にムラが生じエンジン音にも高低と強弱のムラが生じます。

                    今日は自前の刈り払い機をアクアラインを渡って持って来ました。慣れ親しんだ道具での今日の草刈りはリズムカルな音を谷戸に響かせているように思います

                     

                    2020.05.03 Sunday

                    ニンニクの収穫

                    0

                      農の会の共同作業の日。今日のメイン作業はニンニクの収穫です。通常は5月後半に収穫するのですが、ニンニクの球を覆っている皮が破けてきており、早めに収穫乾燥しようということになりました。農の会では共同圃場でニンニクを4畝栽培していて、一畝300個なので、収穫量は約1200個。基本は販売用に栽培しているのですが、コロナ問題で販売イベントが軒並み中止になっており、仮にそれら全部をメンバーに配分したとすると一人100個。週に2玉を消費しなければならない量です。一週間どんなメニューになるのか。家の中がどんな匂いになるのか。

                      想像は中断して作業を続けることにしました

                       

                                                                      ( ニンニクの掘り起こしと天日干しの様子。2畝分)

                       

                      2020.04.26 Sunday

                      夏野菜の植え付けが始まりました。

                      0

                        今日は農の会で共同購入したトマト、ナス、ピーマンなどの夏野菜の苗が届く日です。事前に定植を終えている2人を除いて全メンバーが第一農場に集まりました。苗担当のKさんから購入した苗を受け取り、いよいよ夏野菜の植え付けを始めます。私のここでの定植予定はトマト15本、ナス6本、ピーマン6本。他のメンバーも自分の圃場にしゃがみこんで想い想いのやり方で夏野菜を植えています。

                        三密とは無縁の農の会の第一圃場、「こんな素敵な場所はないのでは」とみんなが思っているのを感じながら、私もせっせと手を動かします

                         

                        2020.04.20 Monday

                        トマト棚作り

                        0

                          町田に戻って、春爛漫の日となりました。一日順延となった農の会の共同作業を終えて、これから個人管理圃場にトマト栽培用の棚を作ります。先週真竹を使って骨組みは組んであるので、それにトマト栽培の本数に合わせて支柱を立てて結束していきます。今年の支柱の本数は15本。例年の半分となりましたが、このトマト棚が夏にかけて、私の行きたいところ、やりたいことを作ってくれるはずです

                           

                                                                         (手前: トマト棚、 奥にキュウリの棚も作る)

                          2020.04.12 Sunday

                          緊急事態宣言発令後の最初の農の会の共同作業

                          0

                            JUGEMテーマ:農作業・家庭菜園

                            東京都に緊急事態宣言が出されてから最初の農の会の共同作業の日です。事前にマスクを掛けての作業を申し合わせており、皆さんマスクを掛け、social distanceを意識しての集合となりました。しかし今日の作業内容の確認が始まると、ついいつもの間隔に戻っています。行動変容、言うは易し、行うは難しです

                             

                            2020.04.10 Friday

                            栗園での一人農作業

                            0

                              JUGEMテーマ:農作業・家庭菜園

                              実家の町の市役所から「半壊した母屋解体は市の事業として行うことを決定した」との書面が郵送されて来ました。来週には工事関係者等との初回の打ち合わせがあり、そのため今週末には実家に移動することになります。それまでにやっておきたい農作業を数えると思っていた以上に指が折れ、今日は一日中畑で作業することにします。

                              小野路の里山では野菜仲間だけでなく、炭焼き仲間、竹細工仲間も畑に出ていました。いつもならばバカ話で盛り上がるのですが、今日はソーシャルディスタンスを保っての笑顔での挨拶だけ、さっさと作業にかかります。午後は農の会の栗園に移動。まだ残っている里芋(種芋)を全て植え付けてしまうことにしていますが、ここには誰も来なそうですので、一人農作業を淡々とこなしましょう

                               

                                                     (栗園に埋けておいた里芋を掘り上げ、5畝で計80個の植え付け作業を終える)

                              2020.04.07 Tuesday

                              第一農場での一人農作業

                              0

                                父親がお世話になっている高齢者住宅から「明日から部外者は立ち入り禁止になります」との電話があり、そして父親からも「外出はしないように」と逆に心配されるような電話があり、予定していた実家への移動を取りやめました。

                                そんな訳で今日は農の会の個人管理圃場で一人農作業です。精を出し過ぎて予定作業を全部やってしまうと明日やることが無くなってしまうので、ほんの少し草取りしては二休み、三休みすることにします

                                 

                                Calendar
                                      1
                                2345678
                                9101112131415
                                16171819202122
                                23242526272829
                                3031     
                                << August 2020 >>
                                Selected Entries
                                Categories
                                Archives
                                Recent Comment
                                Links
                                Profile
                                Search this site.
                                Others
                                Mobile
                                qrcode
                                Powered by
                                30days Album
                                無料ブログ作成サービス JUGEM