2020.10.14 Wednesday

Ginoに替わる中古軽自動車探し

0

    父親の軽自動車のGinoが今月末で車検切れとなり、エアコンやラジオ、ドアミラーが壊れたこともあって、替わりの中古軽自動車を購入することになりました。新しい車への要求事項としては上記の問題が無いこと、それに少し背が高く年寄りの乗り降りが楽になることを加え、中古車販売店に乗り込みました。

    お店に入って、最初に「ご予約の方ですね。」と聞かれ、何故中古車巡りに予約が必要なのか面食らうことから始まりました。少し分かったことは、私が知っている中古車探し(40年前の米国での中古探しが最後)と今の中古探しはだいぶ様子が違っていて、ネットで全国の中古市場を検索して、候補をピックアップ。それで必要なら現地に出かけてその車を見てみる、といったことが大体の流れのようで、近場の中古販売店に並んでる車を観て回って車を探す、のではなさそうです。そうだとするとスマホの中でどこの店の車が近隣区域で一番安いかが直ぐ分かってしまうので、中古車市場は安値で値付けできる販売店の寡占市場になってしまうような気がしますが、どうもそこにはネット社会での競争の仕方、戦い方があるようで、ネット社会の新常識の無い年寄りにはついていけないような気がします。さっさと決めてアナログ世界に戻ることにします

     

    2020.10.01 Thursday

    実家、残った庭木の剪定

    0

      昨日の頑張りで果樹園の草刈りとキッチンガーデンの冬野菜の追肥と、今回の実家滞在中にやろうと思っていたことを一通りやる終えることが出来ました、そして今日、少し余裕が出来たので、この一年、解体騒ぎで目が届かなかった伐採を免れた庭木の剪定をやることにします。

      午後からは父親が電動三輪車に乗って現れ、松の前に陣取りました。空気は秋、しかし日差しにはまだ夏の気配があり、父親はタオルをほっかぶりです。この光景、昨年の春以来でしょう

       

                                                           (剪定枝による、 ちょっと早い秋の焚き火の煙が庭に漂う)

      2020.09.25 Friday

      雨の中での生垣法面の草刈り

      0

        今回の実家滞在で予定していた事を一通り終え、残すは雑草で覆われてしまった南側生垣法面の草刈りです。敷地内の雑草は他人に迷惑をかけないのに対して、河川敷道路に面した生垣法面の草は道路にはみ出し、散歩や通学の人達に迷惑を掛けることになり、いつも気にかかる対象です。

        今日は台風による雨の予報ですが、小雨になったところを見計らって法面の草刈りを開始。すると雨足は徐々に強くなり、作業半ばでビショビショになってしまいました。しかし普段は散歩する人のために刈り払い機を振り回すことに危険を感じながらの作業ですが、台風下の今日は散歩する人は無く、「安心して草刈りができる」とポジティブに考え作業を続けました。更には「こんな天気で草刈りするのは私だけ」とちょっと優越感に浸っていると、どこからか刈り払い機のエンジンの音が聞こえて来ました。世の中、暇人がいるものです

         

                                                                (刈り払いを掛け終わった南側生垣法面)

        2020.09.23 Wednesday

        母屋解体跡の草なぎ倒し

        0

          母屋解体から1ヶ月が経ち、跡地には雑草が目立つようになってきました。実家の近くに半年前に同じように解体したお宅があり、そこは今背丈ほどの雑草で覆われてしまって、ご近所から苦情の声が聞こえてきます。このままではその二の舞になることは明らかで、何とかせねばと思い、購入してきたのが「ナイロンカッター」と呼ばれる刈り払い機につける道具。回転刃を外して、2本の細いナイロンワイヤーが出ている円盤状のナイロンカッターを取り付けます。細いナイロン線が高速で草に当たり、切るというより鞭で叩き壊していくような感じで雑草をやっつけます。優れている点は石垣の脇や小石混じりの地面でも刈り払うことが出来ることで、解体跡の小石やコンクリート破片がゴロゴロしている跡地の雑草には非常に適しています。

          問題は、エンジンへの負荷が大きくエンジンが壊れやすくなると言われていることで、確かに見た目はヒモ2本がヒョロと出ているだけで大したことないのですが、実際に使ってみると相当な負荷がエンジンにかかることが実感します。もう一つの問題は小石がバンバン飛び散ることで足に当たると相当な痛さです。そして物置長屋のガラス戸には飛び散った石が当たって数個のヒビが出来てしまいました。

          それでもナイロンカッターの威力は凄まじく、粉々になった雑草が庭に拡がりました。1ヶ月おきにちょっとだけ使うことにします

           

          2020.08.27 Thursday

          地区の定例会でのこと

          0

            実家の在る集落では20軒くらいが一つの地区の集まり(自治会の一つの班)になっており、月一回決まった日に定例会があります(但し今年は2ヶ月ごとに開催)。父親が高齢者住宅に入ってからは私が父親の代理としてこの会合に参加しており、今日がその定例会の日です。2カ月に一回となったことで議題は沢山あり、穴の空いた道の修繕を市に頼むことや昨年の台風で壊れた氏子神社の修繕費用のことなどが話しあわれ、最後に総代の〆の挨拶となりました。

            総代は昨年ご自宅で見つけたスズメ蜂の巣のことを話し始めました。それは雨戸の戸袋の中に作られていたそうで、普通スズメ蜂は軒下に巣を作るので、風の当たらない戸袋の中に蜂が巣を作ったことから、総代は「今年(昨年)は大きい台風が来る。」と予測して親しい人にそのことを話していたそうです。そして先週、総代はこの公会堂の軒下にスズメ蜂の巣を見つけた(直ぐに駆除依頼)そうです。総代の〆の言葉は「今年は大きい台風は来ません」との予報でした

             

            2020.07.22 Wednesday

            隣接する河川法面の草刈り

            0

              実家はどこもかしこも草。僅かにキッチンガーデンと作業中の東道路につながる入出路に地面が見える程度で、あとは緑一色です。何とか刈り払い機くらいは掛けて町田に戻りたいところですが、そこに更なる苦難です。実家敷地の南側を流れている河川は、普段は1m を超える藪状態なのですが、実家隣接部を除いて川表を含めてきれいに草刈りされてしまいました。

              二級河川の管理責任者は千葉県というのが本来とは思うものの、隣接地の地権者が草刈りしているようです。町田の自宅周辺でも各家の前の道路はそれぞれのお宅がきれいにするので、そのルール(道徳)を延長すると、実家隣接部の河川の清掃は実家管理者(現在の管理人はシロ)の役割となるような気もしますが、それにしても川表の法面まで草刈りすることは度を越しています。とは言っても実家隣接部だけ藪の状態を放置しておくわけにも行かず、満身創痍の状態ながら、シロに代わって刈り払い機を持ち出し、柵を乗り越えて草刈りを開始。それが終わるとついでに実家生垣の法面も刈り払いを掛け、終わってみれば朝から夕方まで刈り払い機を背負っている日となりました。

              出来ればこの状態でGoogle Mapの衛星写真を撮って貰いたいものです

               

                        (右側法面: 草刈りを終えた川表の法面、左側法面: 生垣を超えて延びていた梅の枝打ちを終えた生垣法面)

              2020.07.09 Thursday

              物置長屋(土間)での刃物研ぎ

              0

                実家の町に移動。今日は父親の市役所への申請書類作成などいくつか書類仕事の手伝いをすることになっています。しかし申請に必要な領収書探しは予想通り難航。その間私は実家の物置長屋で待つことになりました。

                物置長屋は長屋門のような構造で、真ん中の通路の左右に部屋が有ります。向かって右側の部屋は床張り、左の部屋は土間(コンクリート)になっていて、ここには母屋から避難してきたものが棚にぎっしり詰まっています。その為この部屋では木屑竹屑が出る木工や竹細工はしないことに決めていました。

                改めて土間部屋を見回すと部屋の真ん中に将来の利用を考えて保存してある私の木工作業台が有ります。この作業台は楢材で作った非常に重い代物で外への出し入れは一人では出来ず、当に保管品となっていますが、木屑が出ないきれいな仕事でしっかりした台が必要な作業はここでやってみようという気になり、それにぴったりな木工や竹細工用の刃物を研いでみることにしました。

                作業台にビニールシートを敷き、砥石を並べるとちょっとそれっぽい感じが出てきました。この作業台で作業するとなるとしっかりした椅子が必要になります。母屋の引き出し収納の前板の使い先が一つ見つかりました

                 

                2020.07.05 Sunday

                庭から出てきた寛永通宝

                0

                  雨と風の強い日です。母屋解体が先延ばしとなり、心配なのは破損した屋根の金属合板が剥がれ飛んで、ご近所に迷惑をかけることで、今日は母屋の周りを見回ってそれから町田に戻ります。

                  母屋の周りも雑草が伸び、背の高い草を引っこ抜きながら見回って行くと、引っこ抜いた跡に黒くて丸い板状のものが現れました。拾い上げると、それは汚れた古銭、かすかに寛永通宝と読めます。古い母屋が無くなることを知り、この古銭も一緒に生涯を終えようと姿を現したような、そんな気がします。

                  金属回収業場に持っていこうと思います。この古い銅銭にどんな新しい役割が待っているのでしょうか。

                   

                                                                  (水で洗ってタワシで擦ったら二つに割れてしまった古銭)

                  2020.05.08 Friday

                  マスクとアルコール消毒液

                  0

                    一昨日の夕方、アパート近くの米屋に出かけたところ、隣りの酒屋に「マスク有ります」と手書きの看板が掛かっているのを遠くに見つけました。その時は暗くなってきたこともあってその酒屋には寄らなかったのですが、この前の炭焼きの際に「マスクは売っているという話しは聞くがお目にかかれない。」ということが話題に上がったことを思い出して、今週末の炭焼研究会の炭切り(炭の粉がもうもうと舞う作業)作業時のお土産にしようと思い、今日はその酒屋周りからの始動となりました。

                    お店には一昨日にあった看板は取り外されていて、売り切れかなと思いながら店内に入ると、レジの脇のダンボールに10枚入りが1個だけぽつんと残っていました。ついで近くのマツキヨに寄ったところ、これまたお目に掛かれなかったアルコール消毒液(本物)が、これまた一つだけ箱に残っていて、これもゲット。

                    今日はそういう巡り合わせの日なのだと思います

                     

                    2020.04.13 Monday

                    生垣の中に出てきたタケノコ

                    0

                      JUGEMテーマ:私の手料理

                      思わぬ長期滞在になった自宅から実家の町、君津に移動。高齢者住宅の父親とはスタッフの人を介してのコミュニケーションと物の遣り取りとなり、ぎこちないこと甚だしいのですが、ここに居れば父親は安全と感じられ、スタッフの方々にはただ感謝です。

                      実家に戻って、いつものように敷地内を一周すると、イヌマキの生垣の中にタケノコが数本顔を出していました。放置することは出来ず、掘って捨てるのは勿体ないので、ちょっと食べ飽きた感はあるのですが、夕飯はタケノコ料理といたしましょう

                       

                          (掘り立てタケノコと冷凍庫に残っていた豚肉をバターで炒め、味噌とちょっとのお醤油で味付け。かなり美味い)

                      2020.03.16 Monday

                      キノコ&タケノコ

                      0

                        そろそろ最後の椎茸が出ているだろうと実家のミニ竹林の中にある椎茸ホダ木を見に行くと、小さいながらタケノコが出ていました。春のこの時期、ありそうでなかなか見ることの無いキノコとタケノコ(木の子&竹の子)のツーショットです。

                        ところで、生しいたけと生たけのこを使って料理した記憶がありません。お似合いそうでお似合いで無いツーショットなのかもしれません

                         

                        2020.03.09 Monday

                        にわか植木職人

                        0

                          実家では当面の急ぎの作業の瓦礫の搬出がこの雨では出来ず、何か適当な作業を探している中で思いついたのが生垣の刈り込み。この作業、これまでは父親がシルバー人材センターに依頼して刈って貰っていましたが、「母屋を解体しようとしている家が、庭木の職人を入れるのは変だ。」という感じがして、全くの素人ながら今年から自分でやることに決めていました。

                          持ち出した道具は生垣バリカンと呼ばれるもので、散髪用のバリカンと同じように二枚の刃が左右に動き、挟まれた枝が切れていきます。狙うは、梅林沿いと銀杏林沿いの合わせて110mのイヌマキの生垣で、これを高さと幅が均一になるように刈り込んでみようと思います。にわか植木職人、虎刈りにならないように頑張ります

                           

                          2020.02.20 Thursday

                          直売場基礎講習の受講

                          0

                            実家の近くにある直売場で野菜等を販売するには、毎年基礎講習という講習を受講しなければなりません。今日は今年度の最後の基礎講習が開かれる日。この講習を逃すとこの4月から一年間、直売場で野菜を売れなくなってしまいます。

                            講習会場に入ると机には講習用の資料が置かれていて、消費税に関する資料が大半を占めていました。軽減税率対象品の説明等の資料に混じって消費税の納税についての厚い資料があります。消費税納税対象者は年間売り上げが1000万円以上なので、この資料の知識が役に立つ機会は万に一つも無いのですが、拡げて読み始めることにしました。なんだか本物の農家になった気分を味わいながら無事講習を終えました

                             

                            2020.02.14 Friday

                            ふきのとう採り

                            0

                              台風15号の強風で半数が倒れた実家の銀杏林、被災直後は銀杏の倒木と折れた枝で地面が覆われていましたが、ボランティアの人達のお陰で倒木は処理され、4ヶ月経ち小枝もあらかた片付け終わりました。今朝朝日が差し込む銀杏林を覗いてみると小さいながらふきのとうが顔を出していました。もしボランティアの人達の支援が無ければ、この光景を見ることは出来なかったはずです。ボランティアの人達に改めて感謝しながら今日はふきのとう摘みから始動です

                               

                                                          (半数が切り株に変わった銀杏林と例年と変わらず芽を出してくれたふきのとう)

                              2020.02.12 Wednesday

                              沢庵頂きました

                              0

                                実家の隣組(ご近所6軒)の一つのTさんから沢庵を頂きました。「例年より少し塩を少なめにした自信作」という申し添え付きです。前歯3本が差し歯で、そのうちの一本は土台も割れている状況で、沢庵を食べるとは想像も出来ないところですが、折角の自信作の頂き物、噛みきれずとも奥歯で噛んで味だけでも楽しもうと、厚切りの沢庵にご飯を付け合わせ、沢庵を一切れ口に入れると、確かに塩気が少なく沢庵の味が塩味に邪魔されません。知らず知らずのうちに三切れ食べてしまいました。

                                美味い沢庵は入れ歯をも制す、でしょうか

                                 

                                Calendar
                                    123
                                45678910
                                11121314151617
                                18192021222324
                                25262728293031
                                << October 2020 >>
                                Selected Entries
                                Categories
                                Archives
                                Recent Comment
                                Links
                                Profile
                                Search this site.
                                Others
                                Mobile
                                qrcode
                                Powered by
                                30days Album
                                無料ブログ作成サービス JUGEM