2020.01.25 Saturday

拭き漆の再開(3) 拭き漆回数と色の濃さ

0

    JUGEMテーマ:木工

    前回文箱は生地固め、おにぎり弁当箱は1回目の拭き漆を行いました。拭き漆は漆掛けの回数で色が黒くなっていくことはこれまでに経験しています。そして6回程度掛けると表面に光沢が出て漆塗りの雰囲気がくるのですが、一方で6回も掛けると色がかなり濃くなり、どうも私の好みに合いません。文箱は生地固めだけでの色合いでも良いくらいに思います。

    そこで急遽方針変更して、今日の作業は、おにぎり弁当箱のうちの一つだけに拭き漆を行い、次に木遊びに来た時に拭き漆2回目の色の濃さを確認し、それほど濃くならないようであれば残りのものも拭き漆を掛けることにします。この確認の作業を繰り返すことで気に入った色合いで拭き漆を止めようとの目論見です。さて一回先行したおにぎり弁当箱、どのくらい濃くなるでしょうか。

     

    2020.01.18 Saturday

    拭き漆の再開 (2) 文箱4作目の木地固め

    0

      JUGEMテーマ:木工

      父親の帯状疱疹治療の通院が昨日で終わり、今日は早朝から町田に向けて移動、いつものように横浜木遊びに途中下車です。再開した拭き漆の続きをします。先週木地固めしたおにぎり弁当箱をムロから出してみると、どれも漆はすっかり乾いて、ムロが上手く機能していることが確認出来ました。

      木地固めが終わったおにぎり弁当箱は、今日は生漆を希釈せずにそのまま筆で塗り、そのあとウエスで拭き取ります。この作業から拭き漆掛けの回数として、これが1回目の拭き漆掛け作業となります。目標は6回。

      今回から欅の文箱の末っ子の4作目も拭き漆を始めます。文箱は今日が木地固め、大きい文箱を塗るために小さい作業部屋はホワイトガソリンの匂いで充満しています。

      なんだかお神酒をサービスで出してくれたような「デイサービス木遊び」、のんびりさせてくれます

       

                  (奥の杉箱: 幸兵衛管理人お手製のムロ。小さいオイルヒーターが入っていて冬でも30度を維持)

      2020.01.13 Monday

      拭き漆塗りの再開

      0

        JUGEMテーマ:木工

        台風被害で中断していた拭き漆をようやく再開することが出来ました。当面は横浜木遊びでやらせてもらうことにします。木地は欅で作ったおにぎり弁当箱3つ。今日は生漆にホワイトガソリンを加えて粘度を下げた漆液を使って、木地の導管に漆を染み込ませる木地固めという作業を行います。

        これが上手くいくと次は文箱。蘇芳で染色した3作目、それに欅の文箱4作品の最後の4作品目が仕上げを待っています

         

        2020.01.11 Saturday

        ネコドア作り

        0

          JUGEMテーマ:木工

          世の中暖冬ということですが、我が家は例年以上に寒い家となっています。クロがこの家の住人になったことで、昨年以上にドアや引き戸を開けておくことが多くなり、玄関の冷気が家中に拡がっていることが原因です。そこで吊り下げ式の引き戸にネコの通る穴を空けた板(ネコドアと命名)を挟むことで、寒さが和らぐか試してみることにしました。

          横浜木遊びに幅30cm、長さ2mの杉板を持ち込み、先ず昇降盤で2枚に裂き、それぞれの長板の一方の端部にネコが通れるように切り欠きを作り、もう一方の端部には引き戸の吊り下げ用のレールの溝に板を差し込み保持できるホゾを削り出します。

          出来上がったネコドアは自宅に搬送。引き戸のある2箇所に設置するとぴったりと収まってくれました。

          寒さはというと、だいぶ改善されたように感じます。ネコの穴のところは暖簾のような布をかける予定ですが、それはネコがこの穴をうまく使って移動出来るようになってからということにしましょう

           

                                                      (ネコドアを設置したリビングとダイニングの間にある引き戸)

          2019.12.28 Saturday

          木遊び、暮れの大掃除

          0

            実家の半壊を契機に寺家木工舎から横浜木遊びに移って3ヶ月半が経ち、今日は木遊び大掃除の日です。木工では木を切、磋、琢、磨し、どの作業も木屑木粉が出ます。木工作業場がきれいな訳が有りません。特に棚の中で1年間一度も触ることもなかった材や治具の周囲はたっぷりきな粉を掛けたような有様です。しかしそんな汚い作業と分かっていながら、日頃お世話になっている作業場への恩返しのつもりか、或いは掃除の後のお昼に提供される銚子丸の握り寿司に釣られてか、管理人お二人を含めてなんと14名の大人数が集まりました。

            2時間掛かった清掃の後はお待ちかねの木遊び管理人さんが取ってくれた銚子丸の握り寿司でのお昼です。2つ並べた机の周囲に参加者全員が座ってみると、木遊びには定年退職者だけで無く若い人達もいることが分かります。デイサービスで高齢者と若手スタッフが一緒になってお昼を食べているような光景の見られる木遊び、来年もお世話になります

             

            2019.12.21 Saturday

            大きすぎるおにぎり弁当箱 (2) 木地の完成

            0

              JUGEMテーマ:木工

              復興中の実家と町田の自宅の往復の途中で立ち寄る横浜木遊び、今日が今年最後の木工です。仕掛り中のおにぎり弁当箱2個は、前回側板の留継ぎ部のアリのかんざし差しまで終わっていたので、今日は反ってしまった蓋の反り留めのやり直し、箱の内部に入れるT字形の自立仕切り板作り、そして最後に焼きごてを使って「亮」印を蓋の裏側に押して「少し大きすぎるおにぎり弁当箱」の木地が完成しました。

              新年を迎えたらここ木遊びで、おにぎり弁当箱と台風で作業が止まっている文箱の拭き漆を再開しましょう

               

              2019.12.08 Sunday

              雨の日の木工三昧 (おにぎり弁当箱と食台の天板作り)

              0

                今日は一日中雨の予報で、こんな時は横浜木遊びで暇つぶしに限ります。木遊びは、新たな入会者へのオリエンテーションも行われていて大盛況ですが、それでも作業台は各自一台はあり、今日の私の目標は製作中の「今度引っ越すアパート用の食台の天板作り(杉材)」と「おにぎり弁当箱2つ」の完成です。杉の天板は仕上げカンナでの平面出しをやって、そのあと撥水性セラミックと荏胡麻油を塗って予定通り完成となりました。これで入居日に食台が用意出来る目処が立ちました。

                おにぎり弁当箱も留め継ぎの差物も上手くいき予定通りと思っていたのですが、前回作った蓋がどういう訳か2枚とも反ってしまっていました。この対策は次回の雨の日のお楽しみといたしましょう

                 

                          (面出しを終えた4枚接ぎの杉板。弁当箱の留め継ぎ部のアリのかんざし。左右にある蓋に反りが見つかる)

                2019.11.24 Sunday

                アパート用の食台作り

                0

                  今日は雨、予定していた今シーズン最初の炭焼きは中止となり、ぽっかり時間が空きました。こんな時は横浜木遊びで暇つぶしです。作るのは、実家近くに借りているアパート用の食台。天板は床材用として大安売りしていた30mm厚の杉板を使い、これを4枚接いで75cm幅の板を作ります。隣りの作業台も空いているので、仕掛かり中の「おにぎり弁当箱」の糊付けもやれそうです。

                  木遊びでは小さい石油ストーブに火が入りました。いい時間が流れています

                   

                  2019.11.15 Friday

                  大きすぎるおにぎり弁当箱

                  0

                    JUGEMテーマ:木工

                    実家再生を優先させるために木工活動を縮小することになりますが、「横浜木遊び」は町田と実家の行き来の中間にあり、移動途中に立ち寄って少しずつ作品を作って行けるような気がしています。前回木工工具や仕掛かり品を木遊びに運んで、今日が実質的な木遊びでの木工の初日です。作業は「おにぎり弁当箱」の底板作り。カンナの刃を研いで欅の5ミリ厚の板を作って、側板4枚に彫った2.5mmの深さの4mm幅の溝に合わせるように端部を削るだけの簡単作業なんですが、木工の感覚が薄れているせいかこれがなかなか進みません。

                    ようやく組み上がった2個目の弁当箱。一個目が大きすぎたので小ぶりにしたつもりでしたが、それでも大き過ぎます。木工感覚以前に別の感覚も狂っているような感じがする木工再開の初日となりました

                     

                                      (手前: 1個目のおにぎり弁当箱、 奥: 仮組みした2個目のおにぎり弁当箱。大き過ぎます)

                    2019.11.09 Saturday

                    まる2ヶ月ぶりの木工

                    0

                      JUGEMテーマ:木工

                      実家が台風で被災して丸2ヶ月が経ちました。壊す、捨てる、燃やすの連続の日々を送っているうちに「何かを作る」ということからすっかり縁遠くなってしまった感じがします。

                      今日は実家の物置長屋の作業部屋に放置してあった、退舎した寺家木工舎から持ち帰っていた木工道具と仕掛かり中の材料が入った袋を持って横浜木遊びにやって来ました。木遊びに来ると三段収納箱に私のネームプレートがすでに掛かっています。有り難いことです。早速持ってきた木工道具を入れて、仕掛かり品を作業台に並べました。おにぎり弁当箱を作ろうとしていたようです。一つは組み上がっていて仕上げ塗装の段階。後2つ分の側板と蓋板側が出来ていて、底板を作っているところで作業が止まっていることが分かりました。

                      隣りのOKストアで柿ピーを買ってきました。午後は柿ピーを頬張りながら2ヶ月ぶりのカンナ掛けを楽しみます

                       

                      2019.10.23 Wednesday

                      寺家木工舎退舎

                      0

                        実家の復興には相当の時間と費用が掛かることが少しずつ分かって来ました。生活のリズムも再設計する必要があります。再設計の一つは、町田小野路城山農場での野菜と椎茸栽培の規模縮小で、これで年半月分は実家復興の時間に向けられるはずです。二つ目は竹のカトラリー作りの終了。町田ツーリストギャラリーや各イベントで長らく販売して来たカトラリー作りを卒業します。3つ目は木工に携わる時間の削減。非常に残念ですが、寺家木工舎を退舎することにしました。それと実家の物置長屋に設けた木工作業部屋と漆部屋を収納スペースに戻します。

                        それでも木工は細々でも続けたいので、来月からは好きな時に立ち寄って木工談義が楽しめる、木工好きのデイサービスのような「横浜木遊び」の仲間に入れてもらうことにしました。

                        人生予定通りには行きませんが、予定が立たない人生も日々是好日の道のような気もします

                         

                                     (しばらくお世話になった寺家木工舎からの木工道具や木材の搬出。これで寺家とはお別れです。)

                        2019.09.04 Wednesday

                        欅のおにぎり弁当箱、「亮」印入り

                        0

                          JUGEMテーマ:木工

                          文箱作りで生じた欅の端材を使って「おにぎり弁当箱」なるものを作りました。小さなおにぎりが縦に3個、それに副食品が入ります。このおにぎり弁当箱は「亮」焼印を押した最初の作品となりました。そして実家での漆塗りの最初の作品にもなる予定です

                           

                          2019.08.31 Saturday

                          少し派手なごみ箱作り(9) 蓋の反り問題の解決

                          0

                            少し派手なごみ箱作りで生じていた蓋の反り問題のことです。蓋を一週間ほど水に付けた後それを平面板2枚の間に挟んでクランプで留めて、3日経ったところでクランプを外すと、蓋は真っ平らに戻っていました。これで蓋の反り問題は解決。ところが、その蓋を本体に乗っけると蓋が閉まりません。水に浸けていたことで230mmの四角い蓋が年輪方向に約2mm伸びてしまって蓋が枠に入らなくてなっていました。仕方ないので伸びた方向の端部をノミで少し削り、蓋は本体にぴったり収まりました。

                            これで残す作業は仕上げ塗装だけですが、蓋はまだかなり水分を吸っているようで、仕上げ塗装はもう少し乾燥を待つことにしました。

                            「作製にヤケに時間の掛かる少し派手なごみ箱」、完成まで今度こそもう少しです

                             

                            2019.08.21 Wednesday

                            少し派手なごみ箱作り(8) サンディング

                            0

                              JUGEMテーマ:木工

                              寺家回廊のワークショップの準備で中断していた「少し派手なごみ箱」作り、今日は仕上げ塗装前の最後の工程のサンディングを行います。問題は、ふつうに紙ヤスリをかけると赤のパドックの微粉が白いハードメープルに移って導管に潜り込んでピンク色になってしまうことです。カンナでサーと表面を薄く削れればいいのですが、寄木の部分のカンナ掛けはキズが付きやすく、最終工程での失敗は避けたいので不採用。

                              今回、寄木部分の両サイドにガイドを設けて紙やすりの横の移動を制限し、赤の微粉が白の面に着くことを防ごうというアイデアでこの難題に臨みます。紙ヤスリは数回上下させたら新しいものに交換して、極力赤の粉が白の面に着かないようにして作業を進めると、予想通り、これまでに無い白いハードメープルの面が現れてくれました。上出来です

                               

                                                                        (赤の帯が二本入った紙ヤスリ。そろそろ新しい物との交換。)

                              2019.08.18 Sunday

                              少し派手なごみ箱作り(7) 蓋の反り問題

                              0

                                JUGEMテーマ:木工

                                仕上げ塗装のために木工舎の仕掛かり品の棚に置いておいた「少し派手なごみ箱」の蓋が反ってしまいました。横から観ると蓋の両サイドが持ち上がっているのが分かります。木工舎のNさんに相談すると「水に一週間浸けた後で、上下を何か平らなもので挟んでクランプ留めすると反りを直せる」との知恵を頂き、お盆明けの今日からそれをやってみます。上手く反りが解消するか、一週間後が楽しみです

                                 

                                Calendar
                                   1234
                                567891011
                                12131415161718
                                19202122232425
                                262728293031 
                                << January 2020 >>
                                Selected Entries
                                Categories
                                Archives
                                Recent Comment
                                Links
                                Profile
                                Search this site.
                                Others
                                Mobile
                                qrcode
                                Powered by
                                30days Album
                                無料ブログ作成サービス JUGEM