2020.08.07 Friday

母屋解体作業(4) 父親の視察

0

    母屋解体の4日目。作業は順調に進んでいるようで、庇に続いて屋根の解体に入りました。庭を挟んで隣接する物置長屋には作業車両は来ないことになっており、ここに居れば安全に作業を見ることが出来ます。父親は、東側道路からの特設進入路を通って長屋門まで来て、愛車のGinoに乗ったまま工事を見学するのがここ数日の日課になっています。昨日までの段取り良く進んだ作業には大満足のようで、今日からの屋根部の作業はどのような評価を下すでしょうか。

     

    2020.08.06 Thursday

    母屋解体作業(3) 庇(ひさし)の解体

    0

      母屋解体作業も3日目。昨日までに重機進入路の確保と庭木の伐採、母屋内装の撤去が終わり、今日は各母屋入り口にある庇の解体が始まりました。クチバシを持った重機は大小二台あり、器用に位置を入れ替えたりして作業を進めています。大きい方は搬送車への積み込みを、小さい方は庇を崩す係りのようで、そこに人間が加わって瓦礫の分別を重機に指示したりしているように見えます。

      空は青空なのですがこの作業が始まるとあっという間にホコリで白く煙り、ご近所の洗濯物や布団干し、さらには梅雨明け後の梅の天日干しなどに迷惑を掛けることが気に掛かります。今日からその日の作業内容からホコリ発生予報をご近所に発信することを私の役割としましょう

       

      2020.08.05 Wednesday

      母屋解体作業(2) 進入路の確保

      0

        母屋解体作業の2日目。初日から取り掛かっていた母屋の正面(東側)に並ぶ庭木の伐採と片付けがひと段落し、午後からは、昨日大型重機が身を屈めて入ってきた進入路の両端にある銀杏の木と門柱の撤去に掛かりました。これで大型の瓦礫運搬車が敷地内に入ってこれるようになります。この銀杏の木には大粒の銀杏の実がなり、その実を拾い集めることが父親の晩秋の仕事になっていました。

        この銀杏は製材所に行き、まな板などになってまだまだ働くそうです

         

                    ( 切り株が残る銀杏。その反対側は石を貼った門柱とそれに連なるブロック塀のあったところ)

        2020.08.04 Tuesday

        母屋解体作業(1) 作業開始

        0

          今日は母屋解体開始の約束日です。早朝実家に行き解体業者向けの飲み物の準備などをしていると、遠くから地響きがの様な音が少しづつ近づいてきて、最後に鉄のくちばしを持った巨大な重機が現れました。ほぼ11ヵ月経って、遂に解体が始まります

           

          2020.07.31 Friday

          ご近所への母屋解体お知らせ状の配布

          0

            実家母屋の解体について、今日は市役所と解体業者を交えた最後の打ち合わせの日です。重機の進入路を踏まえた上での庭木の伐採対象や庭石の移動場所などを確認します。打ち合わせの時間に合わせて父親が電動三輪車に乗って現れました。父親はこの打ち合わせの後に、ご近所5軒に解体作業の着手を知れせることにしています。

            ちょうどそこにいつもお世話になっている隣りのおじいさんが現れました。父親は早速準備して来たお知らせ状と添え物(不織布マスクセット)を渡して、工事期間中に不便をかけることの承諾を得ています。

            父親の足腰がいつもよりしっかりしている感じです。施主としての大役がそうさせるのでしょう。配布は残り4軒です

             

            2020.07.20 Monday

            東側道路からの進入路プロジェクト(2) コンクリート平板2枚目の設置

            0

              雨が止み、青空が広がってきました。溜まっている外仕事を一気に挽回するチャンスです。母屋解体前には達成したい「東側道路からの進入路プロジェクト」を進めます。まずは普通車のゴルフが通れるように歩き部分をもう1m幅を拡げて整地します。松の切り株をチェーンソーで削り、凹み部分に土を入れて、一応通路らしくなって来ました。

              次は水路に跨がるコンクリートの幅の拡張で、前回一枚だけ敷いた並びにコンクリート平板を敷きます。左肩にはロキソニンの湿布薬が貼ってあり、ちょっと痛みが引いた感じがしますが、なんといっても相手は35Kgの重量級、ここも無理はせず、また一枚だけでの作業となりました

               

              2020.07.04 Saturday

              東側道路からの進入路プロジェクト、計画変更

              0

                母屋解体は予定より一ヶ月遅れて7月末になるとの連絡がありました。解体工事中は車での出入りは出来なくなるので、その間敷地内から外に繋がるもう一本の道を作ることにし、6月から、母屋から東側道路に繋がっているキッチンガーデン脇にある「歩き」を拡げ、東側道路から車が入出できる進入路を作って来ました。今回、幸か不幸か解体まで時間ができたので、四駆軽トラだけでなく、普通車ゴルフでも通れる道幅に拡張することに計画変更します。

                今日は敷地内にある水路を渡るコンクリートの平板を一枚敷きます。重さは35Kg、普段なら何ら問題ではない重さですが、左手が痺れている状態ではかなり難儀な作業となりました。もう一枚敷くのですが来週に回します

                 

                       (一枚敷いたコンクリート板と撤去を目指す銀杏の切り株。10ブロック程度に裁断する予定。今日は一つ。)

                2020.06.27 Saturday

                母屋に残っていた食器棚の移動

                0

                  昨日父親と一緒の時間を過ごしたあと、家族の応援の手がある内にと断捨離未着手項目に取り掛かり、母屋台所に残っている大型食器棚を仮住まいに使っている近くのアパートに持っていけるかどうかを検討しました。結果は「運び入れることは出来るが、トースターと炊飯器を置くスペースが無くなってしまう」ということになり、アパートへの移動は断念。今日はいよいよ廃棄処分しかないかなという時、物置長屋の床のある一部屋(現在父親が草取り後に休んだり、お昼を食べたりに使っている部屋、以前は私の木工作業部屋)の入り口側に納まるのではとの案が出て、その案を試してみることにしました。結果は上々。スペース的には上手く収まります。問題は、物置長屋には食器を収めるニーズがそもそも無いことで、これから先使いそうなものを含めて食器は自宅やアパートに移動させてあります。

                  食器以外でこの棚に入れておいて役に立ちそうなものを検討した結果、どういう訳かこの物置長屋に大量に残っている貰い物のタオル、風呂敷、手ぬぐい類をかき集め、それらをこの棚に収納しておいて、雑巾やマスク材料に使うということで決着。大型食器棚は、物置長屋で、雑巾棚として新たな任務に着きます

                   

                    (タオル、手拭い類を収めた旧食器棚。壁には木工道具を掛けるためのボードが木工部屋の名残りとして残っている)

                  2020.06.05 Friday

                  実家宅地からの軽トラ入出路作り (2)

                  0

                    母屋から東側道路への入出路作りの3日目。今日は通路の途中で障害物になっている、台風で根から倒れた銀杏の根を、軽自動車が通れるまでに削る作業を行います。根の直径は50cmくらいあり、厄介な事に半分が地面に潜っています。チェーンソーでの回し切りが効きません。という事で、使う道具はチェーンソーの他に、スコップ、バール、大槌と様々で、切って切断するというより、切って削って叩いて割って剥ぎ取る作業となりました。日がだいぶ傾いてきた頃漸く軽トラ通れるくらいに銀杏の根を片付けることが出来、これで入出路作りの山場を超えました。無事にと言いたい所ですが、この作業で、以前から痛めていた左肩の他に、左手が強く握ることが出来なくなり、腰も痛みが走り、ちょっとピンチです。会社時代「無理が効くこと」と長所欄に書いていましたが、数少ない長所も風前の灯でしょうか。

                     

                                             (根の一部を捥ぎ終えたところ。左側には軽自動車が通れるスペースが確保された)

                    2020.06.03 Wednesday

                    実家宅地からの軽トラ入出路作り

                    0

                      母屋解体業者の重機入出路確認のための下見が有りました。いよいよ解体が迫って来ています。準備は一通り終えているつもりでいましたが、重機が入っている間は、家の車が敷地内に出入り出来ないことに気付きました。正確に言うと、今年3月から始めた「母屋への東側道路からの進入路作り」プロジェクトが全く間に合わないことに気付きました。そんな訳で、今回の実家滞在中に、納期に間に合わない「母屋への東側道路からの進入路」に代わって、母屋辺りから東側道路に繋がっているキッチンガーデン脇にある「歩き」を拡げ、東側道路から車が入出できる暫定路を作ることにします。

                      先ずは「歩き」傍にある松2本を伐採しました。切り株も撤去したいのですが、取り敢えずは地面スレスレに切って車で乗り越えられるようにします。それから銀杏林内の銀杏と楓の枝を払い、それから最大の問題がキッチンガーデン脇に残っている根ごと倒れた銀杏巨木の幹の撤去。夕方、作業はまだまだ途中ですが、軽トラ君が物置長屋を出発して東側道路が見える所まで移動して来ました。もう一歩です。

                       

                      2020.05.15 Friday

                      物置小屋の瓦下ろし

                      0

                        母屋の解体に合わせて解体予定の木小屋と呼んでいる物置小屋の瓦を120枚剥がす作業を始めました。この物置小屋の瓦は台風被害が少なく済んだ物置長屋に使われている瓦と同じことから、今後物置長屋の屋根の補修用に保存しておこうと以前から考えていたことで、漸くその作業に掛かれたことになります。

                        瓦はどうも規格というものが無いようで、台風被害にあって屋根にブルーシートで応急手当した家の補修がなかなか進まない理由は職人待ちというより、補修に必要な同じ形の瓦が手に入らないところにあるようです。

                        屋根から下ろした瓦は銀杏林の隅まで運び、出番を待つことになりますが、その機会が来ないことを祈ります

                         

                        2020.05.14 Thursday

                        そら豆

                        0

                          母屋解体の際に重機で潰されてしまう草木の避難先を探しています。そんな中、今日ゆずり葉の若木2本が、いつもお世話になっている親戚(母親の従兄弟)に引き取ってもらえることになりました。ゆずり葉は無事軽トラに乗って引っ越していきましたが、その御返していうことで今度はダンボール箱いっぱいのそら豆が軽トラに乗ってやって来ました。

                          採って1時間も経っていない採りたて中の採りたてのそら豆です。早速ちょっと塩を加えた熱湯で数分茹でるとそら豆の特有の甘い香りが台所に広がります。

                          そら豆満喫の夕飯となりました。そら豆に感謝、そしてゆずり葉にも感謝です

                           

                          2020.05.13 Wednesday

                          母屋の片付け作業がほぼ終了

                          0

                            昨年9月9日未明の台風で屋根が破損し、解体することにした実家の母屋は、被害後も丸8ヵ月家財を守ってきました。今日、最後に残った位牌を物置長屋の仮檀に移動し、全ての家財の搬出を終えました。役割を終えた母屋、自然に戻る準備ができたような安らいだ気が流れています。ありがとうございました。

                             

                            2020.05.07 Thursday

                            欄間、外せました

                            0

                              先々週、長男の助っ人を得て外そうとして外せなかった欄間、今日は木槌を使ってちょっと無理を通して外すことにして、欄間の両端に端材を噛ませて木槌で叩き欄間を少しずつ持ち上げていき、何とか欄間を外すことが出来ました。

                              この欄間を掛けられる家を建てる子孫が現れるかと思うと甚だ疑問ですが、とにかく物置長屋の二階に保存しておくことにします

                               

                              2020.04.23 Thursday

                              冷蔵庫の断捨離

                              0

                                昨日長男と2人でやっと運び出した冷蔵庫、まだまだ使えるのですが行き先は無く、廃棄処分することにしました。

                                廃棄するためには郵便局でリサイクル券購入の手続きが必要とのことで郵便局に行くと、リサイクル券というものが4700円くらいして、さらに送金代として200円を払いました。

                                どうもこの仕組み釈然としません。券を購入するのに何故送金代を取られるのか、何故、コンビニでなく郵便局なのか、仕組み自体理解していないので、どこがおかしいということはできませんが、罹災者にとってこの送金代、とてつもなく高額の出費に感じられました

                                 

                                            (リサイクル品受付の業者事務所に持ち込んだ冷蔵庫。ここでの処理はスムーズ)

                                Calendar
                                      1
                                2345678
                                9101112131415
                                16171819202122
                                23242526272829
                                3031     
                                << August 2020 >>
                                Selected Entries
                                Categories
                                Archives
                                Recent Comment
                                Links
                                Profile
                                Search this site.
                                Others
                                Mobile
                                qrcode
                                Powered by
                                30days Album
                                無料ブログ作成サービス JUGEM