2020.10.21 Wednesday

獅子柚子ジャム作り

0

    実家のお隣りのお婆さんからは色々なものをいただきます。今回は獅子柚子を頂きました。獅子柚子は普通の柚子に比べて10倍くらいあるデカイ柚子です。その大きな実が普通の柚子の木と同じような木になるので、獅子柚子がなっている姿はちょっと滑稽に見えます。

    この獅子柚子で作るものは定番の獅子柚子ジャムで、皮を包丁で薄く剥いて、皮だけをみじん切りにして、それをグラニュー糖と煮るだけと超簡単レシピ。果肉は使いません。ポイントは出来るだけ細かく切って煮崩れさせるところですが、ちょっと飲み過ぎ気味なので、多分硬いジャムに仕上がると思われます

     

    2020.10.20 Tuesday

    高齢者住宅用のミニ机作り(6) 幕板/貫/トンボのホゾ継ぎ加工

    0

      おJUGEMテーマ:木工

      週一の木遊びの日、ミニ机作りの続きです。今日は机本体の残りの部材(幕板/貫/トンボ)のホゾ継ぎ加工を終える予定です。その前に、そろそろ竹取りのシーズンなので、竹をいつも切らせてもらっている家へのご挨拶用にと竹ヘラを数本作ることから開始。それが終わってちょっと一休みに休憩スペースにいくと、テーブルの上にピーナツたっぷりの柿ピー入りの大瓶を見つけました。最近糖尿問題で、柿ピーの購入を抑えていたためか、このピーナツ多目の柿ピーがその後気になってしようがありません。一日終わってみれば、仕口の加工は一通り終わったものの、差して確認することは出来ませんでした。なんとも恨めしい柿ピーでです

       

         (天板の上に並べたミニ机本体部の全部材、仕口の大まかな加工が終わった段階。空のガラス瓶が向こうに見える。)

      2020.10.19 Monday

      ニンニクとバターナッツ

      1

      昨日の雨が上がり順延となった農の会の共同作業に参加します。今日の作業は少し遅れ気味のニンニクの植え付けと葉物野菜の収穫とのことで、私はニンニクの植え付けをやらせてもらうことにしました。まずはニンニクの玉の皮を向いて鱗片に分ける作業を柿園のクラブハウスのミニテーブルで行います。それが終わると共同圃場で準備が進められている畝に植え付けします。隣りではKさんがバターナッツを並べて本日の出荷数を伝票に記入しています。白とクリーム色が秋の日差しに照らされて、気持ちの良い秋の菜園風景です

       

      2020.10.18 Sunday

      マイホームデザイナー13 (2) マニュアル読み始め

      0

        今日で3周連続して週末が雨となりました。炭焼きも農の会の共同作業も延期と決まり、特段やることがありません。今年は早々とネコたつを出すことにして、家ネコのトトはアッと言う間にそれを察知。爆睡を開始。そこで思いついたのが、先週買ったマイホームデザイナーでネコたつの上にチャビー模様のネコ(トト)が寝てる家を作ってみようと、数日前に宅急便で届いたマニュアルを読むことにしました。

        出来上がったのが写真のネコのいる家。窓のところにネコは配置できましたが、チャビーネコは部品に用意が無く、ネコたつを用意された道具で作るにはまだ能力不足。しかし実家再建のパース図作り、雨の日のお陰で一歩前進しました

         

        2020.10.17 Saturday

        再度のティーポットの蓋作り(3) 完成

        0

          ウォルナットを使ったティーポットの蓋も拭き漆は7回目となり、期待していた光沢も出てきました。町田に持って帰って3個それぞれの行き先のティーポットの上に乗っけると、サイズ的にはどれもいい感じです。これで熱湯を入れて木の匂いがしてしまうかどうか(欅製はここでアウト)、一回紅茶を入れてみたところでは紅茶に変な香りは移りませんでした。

          これで欠けたティーポットの蓋作りはひとまず終了といたしましょう

           

                                                     (ウォルナットを木地に拭き漆掛けしたティーポット用蓋三兄弟)                        

          2020.10.16 Friday

          敷地調査チームがやってきた

          0

            母屋解体から一ヶ月半、今日は集落の秋のお祭りの日となり、日めくりのスピードが上がっている感じがします。50年前の記憶では、この日には親戚一同が母屋の客間に集まり、手作りの惣菜を肴にあれこれ世間話で一日過ごす光景がありました。

            それから50年経って、何も無くなった母屋跡地に敷地調査チーム5名が雨合羽を着て揃いました。父親が、出来ればこの場所に戻って旅立ちたいとの希望を持っていることから、それが可能かどうか敷地の調査だけでもやってみようということになりました。台風、水害、シロアリ(アメリカカンザイシロアリ)、接道問題、セットバック問題、排水路問題、地盤問題、地所管理能力問題等、問題だらけの地に可能性があるのか、調査が始まりました

             

                                                                    (地盤調査チームの作業風景。ほとんど無音。)

            2020.10.15 Thursday

            幣束の行き場所

            0

              2日前に氏子神社(八幡神社)の地区総代から配られた幣束のことです。電動三輪車で実家に現れた父親に幣束と御〆が入ったビニール袋を渡すと、活躍の場を得たりという表情で、お隣りさんから貰ってあった藁を使って、細いしめ縄を編み始めました。編み終わるとしめ縄と配られた幣束を持って実家敷地の南西隅に少しずつ進んで行きます。そうです。向かっている先には小さな石製の氏神様の祠があることを思い出しました。台風被害から丸一年この場所は手が掛けられずすっかり背の高い雑草で覆われていて、私の頭の中から消え失せていた場所になっていました。

              父親は私に草刈りを命じて、何とか祠まで歩いて行けるようになると、祠の前の榊の木にしめ縄を渡して後〆を差し込み、それが終わると今度は片手に幣束を持ち、気合いを入れて左足を石段に乗せて前屈みになって持っている幣束を幣束は祠の凹んだところに安定させようとしています。この姿勢、左半身が痺れている私には出来ないような気がします。恐るべし97歳、これも八幡様のご加護なのでしょう

               

                                                              (氏神様の祠に幣束を立て掛けようと奮闘する父親)

              2020.10.14 Wednesday

              Ginoに替わる中古軽自動車探し

              0

                父親の軽自動車のGinoが今月末で車検切れとなり、エアコンやラジオ、ドアミラーが壊れたこともあって、替わりの中古軽自動車を購入することになりました。新しい車への要求事項としては上記の問題が無いこと、それに少し背が高く年寄りの乗り降りが楽になることを加え、中古車販売店に乗り込みました。

                お店に入って、最初に「ご予約の方ですね。」と聞かれ、何故中古車巡りに予約が必要なのか面食らうことから始まりました。少し分かったことは、私が知っている中古車探し(40年前の米国での中古探しが最後)と今の中古探しはだいぶ様子が違っていて、ネットで全国の中古市場を検索して、候補をピックアップ。それで必要なら現地に出かけてその車を見てみる、といったことが大体の流れのようで、近場の中古販売店に並んでる車を観て回って車を探す、のではなさそうです。そうだとするとスマホの中でどこの店の車が近隣区域で一番安いかが直ぐ分かってしまうので、中古車市場は安値で値付けできる販売店の寡占市場になってしまうような気がしますが、どうもそこにはネット社会での競争の仕方、戦い方があるようで、ネット社会の新常識の無い年寄りにはついていけないような気がします。さっさと決めてアナログ世界に戻ることにします

                 

                2020.10.13 Tuesday

                にいやんやし畑の栗の実

                0

                  実家の町にもようやく日差しが覗きました。暇つぶしに散歩がてら隣りの集落にある「にいやんやし」畑を見に行くと、畑の隅にある栗の木から大きな実が地面に落っこっていました。我が家は栗には恵まれず、地籍調査の結果我が家の所有が確定したこの栗の木以外にまともな実が成る栗の木はありません。新たな家主へのご挨拶ではと栗の実は有り難く頂いて、明日栗に目の無い父親のところに茹でて持って行くことにします

                   

                  2020.10.12 Monday

                  氏神様の御幣

                  0

                    氏神様(八幡神社)の清掃が中止となった今朝、雨の中、この地区の氏子総代が御幣と注連を持って実家に来てくれました。昨年は屋根に台風被害を受けたものの母屋は生活することは出来、受け取って御幣は神棚(三社宮の箱宮)に納めた記憶があります。が、母屋が無くなった今、頂いた御幣を納めるところがありません。(箱宮は物置長屋の土間部屋の棚に仕舞ってはあるのですが、遺憾せん保管場所は物置なので、氏の守護業務はお休み頂いている感じ。)

                    今年はしょうがないとして、これからどうするか、そろそろ決めていかないといけません

                     

                                                                                                      (左:御幣、右:御〆)

                    2020.10.11 Sunday

                    ナスとピーマンの「もやしのにんにく醤油炒め」

                    0

                      明日の早朝に実家の氏子神社の掃除が予定されていて、一方で台風接近でアクアラインが通行止めになるリスクがあるので、午後一番で町田を出発し、途中、横浜木遊び近くのOKストアで買い物。モヤシと「もやしのにんにく醤油炒め」のタレを買って、簡単に夕飯を済まそうと考えていましたが、アパートに到着してi-padを開くと「明日の氏子神社の清掃は中止。」との連絡が入っていました。上手く行きません。

                      特にやることもなく早寝の前に簡単に夕飯を済まそうと、OKストアで買ってきた品物が入った段ボール箱を開けると、一袋28円のモヤシがありません。仕方なく雨の中実家に行って、キッチンガーデンでナスとピーマン(赤と緑)を採って来て、モヤシ代わりに「もやしのにんにく醤油炒め」で和えて、夕飯を済ませました。モヤシがどこにも無いもやし炒め、上手く行かない日です

                       

                      2020.10.10 Saturday

                      3Dマイホームデザイナー

                      0

                        今日明日と雨の予報。予定していた畑仕事は出来そうにありません。そこで最近ますます縁遠くなって来たパソコンを使ってみようと「3Dマイホームデザイナー13」なるソフトのダウンロード版を購入しました。これでマイナポイントの5000円分獲得も確定です。

                        このソフトは、解体後の実家の体裁をどう整えるかを検討するために、庭のパース図ができるソフトがないか調べていた時に見つけたもので、建物のほかに外構造園もデザインでき、それを3次元表現できるという優れものです。

                        初心者向けのYouTubeが有ったのでそれに倣って、先ずは土地の大きさを決め、家の間取りを入力をして3次元表示のボタンを押すとあっという間に入力した間取りの家の外観が表示されました。これに気を良くして自分なりの間取りを作ろうと始めたところ、これがどうも上手く行きません。入口の無い部屋が出来たりで、問題はパソコンの使い方の知識不足ではなくデザインセンスにありそうです。実家の空想再建、大変そうですがちょっとワクワクもし、とにかくやってみることにします。良い買い物をしました

                           

                                                   (仮想の家作りで何とか家の格好になったところ。窓の配置が上手く行かず倉庫のような感じ)

                        2020.10.09 Friday

                        高齢者住宅用のミニ机作り(5) 足のホゾ継ぎ加工

                        0

                          実家への往復のどちらかに寄ってくる横浜木遊び、そのため月に4回のペースでの作品作りとなります。仕掛かり中の父親用のミニ机のこれからの予定は、足のホゾ継ぎ加工→ 幕板/貫/トンボのホゾ継ぎ加工→ 天板のアリ溝塞ぎと側部面取り→ 机本体仮組み→ 抽斗部材木取り→ 抽斗部材加工と仮組み→ 全部材の面取りとヤスリ掛け仕上げ→ 机本体糊付け組立て→ 抽斗糊付け組立て→ 抽斗取り付け小細工→ オイル仕上げ(完成)と11日(約3ヶ月)の工程を経て年内完成、そして高齢者住宅への搬入を目指します。

                          そして今日、足4本のホゾ継ぎの仕口加工が終わって、足4本が反り止め2本の両端に付くはずでしたが、結果は一本残して息切れ。初っ端から計画遅れとなりました

                           

                                                                                          (一本ホゾ継ぎの微調整が終わらず)

                          2020.10.08 Thursday

                          Go to 拭き漆

                          0

                            昨年草木染めして拭き漆仕上げした文箱の底四隅に僅かながら隙間が生じてしまいました。この箱はミゾを掘った側部に底板を差した上げ底になっているのですが、今年の高温高湿度によって底板が年輪方向に膨張し、留め継ぎ部を押したことで生じたと推定されます。組み方にちょっと無理があることは分かっていましたが、無理が通りませんでした。

                            隙間が出来た四隅は漆を指して補強することにします。ここしばらく、漆室の利用者はウオルナット製の急須の蓋だけと寂しい状況でしたが、今日はペッパーコードの脚部に草木染めの文箱と、満室です

                             

                            2020.10.07 Wednesday

                            彼岸花による通せんぼ

                            0

                              実家に戻り、母屋解体時に整備した東側道路からの進入路を使って敷地に入ろうとしたら、その進入路が彼岸花で塞がれていました。人がやっと歩ける程度の「あるき」を軽トラが走れる幅に拡げる時に、土手を削って、その土を通路になるところにまいたので、その時、土に入っていた彼岸花の球根が散らばり、それが花を咲かせたのでしょう。

                              車を引き返して西側の「じょうぼ」に回ることにします

                               

                              Calendar
                                  123
                              45678910
                              11121314151617
                              18192021222324
                              25262728293031
                              << October 2020 >>
                              Selected Entries
                              Categories
                              Archives
                              Recent Comment
                              Links
                              Profile
                              Search this site.
                              Others
                              Mobile
                              qrcode
                              Powered by
                              30days Album
                              無料ブログ作成サービス JUGEM